RAB投稿スクープ
  • 会社概要
  • 利用規約
  • 放送番組の種別
  • 番組基準
  • 番組審議会
  • 採用情報
  • リンク
  • ご意見・ご感想
青森放送では、去る12月13日(木)に第597回番組審議会を開催し、
委員8人社側6人が出席しました。
今回はテレビ番組『RABニュースレーダー』(11月5日放送)を審議しました。

審議委員からの感想・意見

  • 当日の夕方に発生、発覚した事件、火災等のニュースが、放送までの限られた時間内によく取材、編集されていた。取材の機動力が機能していた。
  • 短時間の間に情報を掘り下げ、関係先からの生中継までつないだところに、RABの底力を感じた。映像にも活気があった。
  • 番組冒頭から学校関係者の不祥事に伴う校舎の中継映像が入りライブ感があって良かったが、児童生徒が動揺しないか心配になった。
  • 農業関連の動きが充実していて生産者への励ましになっていた。生産者の目線とともに消費者の目線でのニュースもバランスよく扱ってほしい。
  • 情報量が多く、家事をしながら聴くだけでもわかりやすい作りだった。
  • 両キャスターとも、4月の番組リニューアル当初の初々しさに加え、力強さが感じられるようになった。番組の進行も躍動感が伝わってくる。
  • 天気コーナーが見やすくわかりやすい。画面も改良されていて良かったが、さらにひと工夫が必要。
次回の番組審議会は2月中旬を予定しています。