ホッとするね! RAB青森放送

らぶりん投稿ボックス

番組審議会

青森放送では、去る6月6日(水)に第593回番組審議会を開催し、委員7人社側6人が出席しました。
今回はラジオ番組『永六輔の見た青森 ~ラジオドラマ“雪どけ”をめぐって~」(5月20日放送)を審議しました。





【審議委員からの感想・意見】

  • ドラマ部分の途中途中に解説が入ってくる構成で感情移入しづらい。
    当時の世相を伝える音が効果的だった。
    永六輔さんの活躍の萌芽がここにあったと感じた。
  • 効果音がせりふに被りすぎた部分があった。
    インタビュー部分に聞き取りづらいところがあった。
    津軽の文化の原点を感じた。
  • 幻の作品をちょうどよいタイミングで世に出した。
    津軽弁をていねいにわかりやすく伝えていた。
  • びっくりさせられることがたくさんあった。
    永六輔作詞「上を向いて歩こう」で番組を占めたのは効果的で解説部分を理解する手助けとなっている。
  • ドラマ+関係者の証言という番組形式にしたのがよかった。
    永六輔の世界をあらためて感じた。
    検証番組にすることによって現代の若者が60年前の若者を知ることになったのではないか。
  • じわじわと引き込まれ温かい気持ちになった。
    人と人とのつながりを根っこに感じた。
    ネット配信をしてほしい。
  • 着想がすばらしい。
    作りがしっかりしていて完成度が高い。ラジオの力を感じた。
    全国に放送してほしい。

次回の番組審議会は7月初旬を予定しています。

[番組一覧]

ページトップへ