RAB投稿スクープ

ZIP!FRIDAY

ZIP!FRIDAY 町のいっぴん屋

受け継がれる味  すいとん

2019.2.15


00000000.jpg

寒いこの季節、身体があったまるすいとんは南部地方で多く食べられてきました。

00000001.jpg

八戸市湊町にある「やま文」の看板メニューのひとつはすいとんです。

00000004.jpg

三代目の村本信一さんです。祖父母の代に釣り堀を兼ねたニジマスの養魚所をオープンさせ、頭や骨のアラで出汁をとったすいとんを振舞っていたのがお店の原点なのだそうです。

00000003.jpg

今もお店にはいけすや水槽があり、ニジマスが泳いでいます。

00000005.jpg

すいとんを作っているのは料理長の下山勉さんです。寒いこの時期はニジマスの脂ののりも良く、いい出汁が出るのだそうです。

00000006.jpg

料理で残ったアラは捨てずに鍋で煮て出汁をとります。アクを何度も取り除きながら
ゆっくり時間をかけてスープを作ります。

00000007.jpg

塩や少しのしょうゆなどで味を整えると三代にわたってって受け継がれてきた
すいとんのスープの完成です。

00000008.jpg

すいとんの生地は小麦粉をこね、一晩寝かせたものを使います。

00000010.jpg

生地は食べやすいように薄くちぎって茹でます。

00000011.jpg

茹で上がった生地にスープを注ぐとすいとんの完成。
この日はちょっとぜいたくにウニやカニ、ホタテなどをのせた海鮮すいとんを
作っていただきました。

お客さんの中には小学校入学前から食べていたという人も。
すいとんの味がなつかしくていつも食べにくるのだそうです。

お問い合わせ

店名:やま文
住所:八戸市湊町大沢28
電話:0178-33-0916
営業時間:昼11時~15時
     夜17時~23時

海鮮すいとん 1200円(税別)





前の記事へ

次の記事へ

月間アーカイブ