RAB投稿スクープ
映画いとみち制作決定!!!

2021年全国公開予定 !

オール津軽ロケ・オール青森・テーマは青森愛!
鬼才 横浜聡子監督(青森市出身)が描く津軽弁ムービー!

原作:越谷オサム『いとみち』(新潮文庫刊) ヒロインは駒井 蓮! 父親役に豊川悦司!

駒井 連 豊川悦司
監督・脚本:横浜聡子
出演:駒井蓮、豊川悦司
原作:越谷オサム『いとみち』(新潮文庫刊)
製作:『いとみち』製作委員会(アークエンタテインメント、晶和ホールディング、日誠不動産、RAB青森放送、東奥日報社、ドラゴンロケット)
配給:アークエンタテインメント
RAB公式Twitter RAB公式Twitter
いとみちTwitter いとみちTwitter
準備中
大人気の青春小説「いとみち」が待望の映画化!
2013年、松本潤、上野樹里出演で映画化され大ヒットした『陽だまりの彼女』の原作者である越谷オサムの「いとみち」の映画化が決定いたしました。 主人公であるドジっ子いとの進化が“津軽の奇跡”とも呼ばれるグルーヴィンな青春小説。大人気となり、シリーズ化、「二の糸」「三の糸」と続き、多くの人に愛されています。
人見知りで内気な津軽弁少女の青春を描く
メイドカフェで見つけた本当の自分“わぁの三味線アホみてぇ”
“いとみち”とは三味線を弾くときに指にできる糸道のこと。そこから名前の由来をもつ相馬いとは、青森県弘前の高校に通う16歳。 祖母、今は亡き母から引き継ぎ、特技は津軽三味線だが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられず、友人もいない。
そこで、思い切ってはじめたアルバイト先は、なんとメイドカフェ。
少しあやしげな店長、先輩メイドたちのシングルマザーの幸子、漫画家を目指す智美、そして風変りな常連客たち。 メイドカフェで働く娘を心配しつつ見守る父親も登場し、いとの成長を描く。 メイド服で津軽三味線をかき鳴らすいとが、本当の自分を解放する時-、自分らしく、色鮮やかな人生を織りなしていく!
駒井 連
駒井蓮(相馬いと役)
2000年12月2日生まれ、青森県平川市出身。
「ニコラ」の専属モデルを経て、16年、前田弘二監督『セーラー服と機関銃-卒業-』で映画デビュー。
主な映画出演作に『心に吹く風』(17年/ユン・ソクホ監督)
『名前』(18年/戸田彬弘監督)
CINEMA FIGHTERS『キモチラボの解法』(18年/A.T.監督)
『町田くんの世界』(19年/石井裕也監督)
アニメーション映画『音楽』(20年/岩井澤健治監督)。
最新出演作は『朝が来る』(10月23日公開/河瀨直美監督)。
駒井 蓮コメント

原作「いとみち」は、小学校の時から知っていた作品だったので、オファーを頂いた時はとても驚きましたし、光栄だなと思いました。
どの場所もまずは、「出逢う場所」なのだと思います。
いとの「お帰りなさいませ、ご主人様。」が、どんな出逢いに繋がっていくのか、終始わくわくしながら読ませて頂きました。三人、三世代で住むいとの家族の在り方に、津軽三味線の三本の糸に繋がるものを感じました。
糸の太さや長さが人それぞれ違っていても、跳ね返したり共鳴し合ったりしながら、一つの音楽・家族を作っていく…私も、いととして、相馬家の音楽に参加していきたいです。
また、津軽生まれながら津軽三味線に触れたことが無かったので、とても新鮮な気持ちで練習しています。
私自身は、小さい頃から負けず嫌いで、「じょっぱり」だと言われていました。笑
生まれ故郷での作品に出演させて頂けて、本当に嬉しいです。
撮影の中で、私に刻み込まれた青森と共に、新しい青森も発見出来たらなと思っています。また、青森や、そこに住む方々に今まで育ててくれたことへの感謝も伝えていきたいです。
横浜監督は、お会いする度に新しい世界に連れて行ってくださり、様々な面からアプローチしてくださるので、撮影がとても楽しみです。
豊川悦司
豊川悦司(いと父親・相馬耕一役)
大阪府出身。
『3-4×10月』(90年/北野武監督)、
『12人の優しい日本人』(91年/三谷幸喜脚本・中原俊監督)
『きらきらひかる』(92年/松岡錠司監督)などの映画で注目される。
その後も『Love Letter』 (95年/岩井俊二監督)『八つ墓村』(96年/市川崑監督)、
TVドラマでは「NIGHT HEAD」(92~93年/CX)
「愛していると言ってくれ」(95年/TBS)
「青い鳥」(97年/TBS)など人気、実力共に日本を代表する俳優となる。
近年の作品に、『今度は愛妻家』(10年/行定勲監督)
『必死剣 鳥刺し』(10年/平山秀幸監督)
『一枚のハガキ』(11年/新藤兼人監督)
『後妻業の女』(16年/鶴橋康夫監督)
『3月のライオン』(17年/大友啓史監督)
『パンク侍、斬られて候』(18年/石井岳龍監督)
『パラダイス・ネクスト』(19年/半野喜弘監督)
『ラストレター』(20年/岩井俊二監督)
『一度も撃ってません』(20年/阪本順治監督)など。
山本五十六を演じたハリウッド映画『ミッドウェイ』(ローランド・エメリッヒ監督)が9月11日に公開。
待機作に『子供はわかってあげない』(沖田修一監督)がある。
豊川悦司コメント

いとみち、という映画で僕のやりたいことはこの3つです。
役者として横浜監督に恋をすること、
父親として駒井さんに恋をすること、
旅人として青森に恋をすること。
きっと素敵な映画になる気がします。
横浜聡子
監督・脚本:横浜聡子
1978年青森県青森市生まれ、青森県立青森高校出身。
長編1作目となる『ジャーマン+雨』を自主制作し、2007年日本監督協会新人賞を受賞。
2009年オール青森ロケで『ウルトラミラクルラブストーリー』(出演:松山ケンイチ、麻生久美子)を監督、トロント国際映画祭他、多くの海外映画祭にて上映された。
『りんごのうかの少女』(13年)
『俳優亀岡拓次』(15年)。
近年はドラマ
「バイプレーイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」
「ひとりキャンプで食って寝る」
「有村架純の撮休」などにも監督として参加。
横浜聡子コメント

原作を読んだ時は、越谷さんの描く主人公・相馬いとの心の機微がユーモアを交え描かれていて、大いに笑わせてもらったと同時に、かつて青森で生きていた十代の頃の自分をいとに重ね合わせずにはいられなかった。私の知っている青森やまだ知らなかった青森と、改めて出会えた感覚があった。
主人公のいと、という人間をまず魅力的に描きたい。青森にぽこっと現れたメイドカフェという非日常的な場所で成長してゆくいとが、身近な存在である「家族」と新たな関係を築きあげていく過程を丁寧に描きたい。
今年は新型コロナの影響で、生活にも甚大な影響があったと思うが、目下みんな元気だろうかと青森の人々の顔が頭に浮かぶ毎日。
青森が舞台のこの映画を観てもらうことでほんの一瞬でも皆さんの日常が彩られればと願う。
今回で、青森で映画を撮るのは4回目。毎回皆さんの沢山のご協力に支えられており、人々の優しさに改めて気付く。作品でなんとか恩返ししたい。
越谷オサム
原作:越谷オサム
1971年東京生まれ。
2004年、第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作「ボーナス・トラック」でデビュー。
映画化もされた「陽だまりの彼女」はミリオンセラーになった。
「いとみち」は2011年刊、大人気となり、シリーズ化、「二の糸」「三の糸」と続き、多くの人に愛されている。2013年文庫化。他にも「階段途中のビッグ・ノイズ」 「金曜のバカ」「魔法使いと副店長」「房総グランオテル」「まれびとパレード」など多くの著作がある。
越谷オサムコメント

映画化にあたってのお気持ちは?

「埼玉から青森まで通いながら書いた小説が、青森で生まれ育った横浜監督と駒井蓮さんの手にかかるとどんな映画になるのか、県外人として固唾を呑んで見守っております。」

 青森ご出身ではありませんが、小説の舞台を青森にした理由は?

「ひょんなことから泣き虫メイドの物語を思いついたはいいが、舞台が秋葉原では無難すぎる。ならば、北か。 と思案しつつ地図を北へ北へとたどり、ピンとくる土地を見つけられぬままやがて指が陸奥湾にぶつかる。津軽弁のメイド――。」
行けそうだ。となった次第です。」

今、青森に対してのお気持ちは?

「ご恩の債務超過をどうにかしたいです。」

青森、青森県人のイメージは?

「じつは人も景色もあかるい土地。」
その他あっ!と驚く出演陣は近日発表!!ご期待ください!!!