RAB投稿スクープ
  • 会社概要
  • コンプライアンス憲章
  • 利用規約
  • 放送番組の種別
  • 番組基準
  • 番組審議会
  • リンク
  • ご意見・ご感想

番組審議会とは

放送法に基づき、放送番組の適正を図るために外部有識者の声を聴く場として設置しています。
主な役割は、

・放送番組の適正を図るため必要な事項を審議する、
・放送局に対して意見を述べる

ことなどとなっており、番組審議会が取りまとめた「答申」や「意見」は放送局がこれを尊重して必要な措置を講じます。
また具体的な番組の視聴・聴取も行われ、放送局はその議論や意見交換を次の番組作りに役立てています。

審議委員名


委員長    磯 山 隆 幸(写真家)
坂 本   徹(NPO法人日本人財発掘育成協会理事長)
八木橋 俊 夫(陸奥新報社 常務取締役 営業局長)
川 嶋 大 史(つがる市観光物産協会 会長)
平 間 恵 美(NPO法人はちのへ未来ネット 代表理事)
平 野 陽 児(東奥日報社 デジタル戦略室長)
上 村 鮎 子(十和田乗馬倶楽部 代表取締役)
粒 来 和 成(デーリー東北新聞社 論説委員会副委員長)

DSC_0883.JPG
DSC_0889.JPG
DSC_0892.JPG
DSC_0895.JPG



第622回番組審議会

青森放送では、5月13日に第622回番組審議会を開催しました。委員8人と社側8人が出席し、テレビ番組「RABニュースレーダー」(4月22日放送)を審議しました。
≪番組内容≫ ニュース総数9本。1「感染者情報・青森市のクラスター拡大」(新型コロナウイルス感染者が県全体で32人確認。)2「青森市飲食店に時短営業要請を」(青森市が県に対し本町地区周辺飲食店への時短営業、協力金支給の検討を求めた。)3「十和田市・ワクチン接種予約混乱」(十和田市が始めたワクチン集団接種予約をめぐり電話がつながらない市民が窓口に列を作る混乱。)4「ワクチン接種・県内10市予約状況」(県内10市の予約方法、日程を独自まとめ)5「古川高晴選手・父として挑む五輪」(青森市出身アーチェリー日本代表の古川選手が父になったことを明かし決意述べる。)6「弘前公園外堀の花筏」7「江口寿史展作品紹介」8「1550ニュースレーダーWith連動企画・危険なバス停」(県内291か所に上る危険なバス停の現状と課題を専門家の意見を交え考える。)9「水族館にイルカのぼり」、天気予報。

審議委員からの感想・意見

  • 安定した番組。トップニュースから新型コロナ関連の動きと情報を整理して伝え、時短営業要請に苦しむ店側の切実な思いも伝わった。
  • 一番の関心事であるワクチン接種について、県内10市の対応を独自に調べ一覧表にして分かりやすく紹介したのはとても有益だった。
  • 「1550ニュースレーダーWith」との連動企画「危険なバス停」の特集は、生活に密着した着眼点がよかった。危険度を視覚的に訴え、行政の言質を引き出していて、問題の改善に寄与する企画だった。
  • 「1550ニュースレーダーWith」と連動して地域の課題を考える企画は、内容に説得力があり効果が大きい。これからも県民に身近な問題を取り上げてほしい。
  • 県外の有識者に対する「リモートによるインタビュー取材」は有効な手法として今後も活用してほしい。
  • 東京五輪アーチェリー代表の古川高晴選手のニュースは、「父として挑む」切り口によって、今までにない表情が見られてよかった。
  • 番組全体として、問題提起、意識啓発、明るさ、安心感、励ましの役割を果たしている。事実を伝えて終わりではなく、深く掘り下げているところが魅力。
  • 天気予報のコーナーが見やすく、天気キャスターの進行も安定感があり好感が持てた。