RAB投稿スクープ
アナウンサーブログ

アナウンサー

プロフィール

カレンダー

月間アーカイブ

初心者トランぺッターの船出

2021.5.20

 最近、私の趣味の一つになったのが「トランペット」です。
中学時代、吹奏楽部に入部した私は、希望したトランペットを練習していました。
1か月が経ち、音が出るようになった時、顧問の先生に呼ばれ「菅原、悪いんだけどホルンをやってくれないか?」
私のトランペット演奏はわずか1か月で終わりを告げました(泣)
複雑な心境もありましたが、新しい金ピカのホルンが私の元に来て、高校1年生まで4年間続けました。
 楽器から離れて以来、楽器に触れる事も、演奏を聴く事すらありませんでした。
ただ、トランペットへの憧れだけは中学1年生以来、ずっと心のどこかに残っていました。

 きっかけは、RABラジオ「朝ワイ!ダッシュ」でした。
去年、「今日も!あさぷり」担当の吉﨑ちひろアナウンサーとメッセージテーマについて話ている時に、
私は二度、放送の中で「トランペットを始めます!」と宣言しました。
言ったからには「やるしかない!」と昨年末、決意し、今年1月からトランペットを始めました。
 そして2か月後の3月、「朝ワイ!ダッシュ」の中で約束を果たす演奏をしました。
あさぷりの曲をキーを1オクターブ下げての演奏、2回音を外し、3度目で成功!
結果、「初心者トランぺッター」としての船出は、ほろ苦いものでした。
トランペットを吹いて思うのが「高音」の出し方の難しさ。
同じ金管楽器でもホルンとはまた違うんですね。
そして最近、ホルンの音も久しぶりに耳を澄ませて聴いてみると、牧歌的で何故か落ち着きます。
音を楽しむと書いて「音楽」です。
学生時代、本当に音を楽しめていたのかな?
そんなことを思い出しながら、今、私は時々、楽しんでトランペットを吹いています。
「初心者トランぺッター」まともな演奏が出来るように頑張ります!
DSC_0873.JPG





前の記事へ

次の記事へ