RAB投稿スクープ
アナウンサーブログ

アナウンサー

プロフィール

カレンダー

月間アーカイブ

青池へ行きたくなる季節

2021.4.26

県内の桜も散り始め、これからは新緑の季節を迎えます。
今月20日、深浦町の十二湖では山開きが行われました。
十二湖の代名詞と言えば「青池」です。
青いインクを流したかのような神秘的な色、
時間帯によって変わる太陽の光が射す角度、
見る場所によって見え方が違うのも青池の魅力です。
そもそも、青池はなぜ青いのでしょうか?
それは、水の透明度が高く反射などの影響で、
季節や時間帯によって色が変化していくからだそうです。
不思議な偶然が重なり合って、あの神秘的な青が生まれているんですね。

 木々が芽吹き始め、日に日に色濃さを増す緑に包まれていく「青池」、
青池の神秘に今年もどこかで癒されたいと思います。
写真は一昨年8月の「青池」です。
DSC_0031.JPG

前の記事へ