RAB投稿スクープ
アナウンサーブログ

アナウンサー

プロフィール

カレンダー

月間アーカイブ

100回目の選手権

2021.10.21

高校サッカー選手にとって、集大成の大会と言えば「全国高校サッカー選手権大会」です。
青森県大会はすでに1次予選を終え、2次予選が今月15日に幕を明けました。
第100回と聞くと、高校サッカー選手権の歴史を感じます。

 私が青森放送に入社した2005年度は84回大会、テレビ中継を通して熱を感じたのを覚えています。
初めて、高校サッカー中継に携わったのは、
86回大会の青森県大会の決勝で青森山田高校の応援席リポートを担当しました。
その後は、決勝に勝ち進んだ光星学院(八戸学院光星)、三本木農業(三本木農業・恵拓)、五戸高校、
野辺地西高校(八戸学院野辺地西)のベンチリポートを担当して、5年前の95回大会から実況を担当しています。
こうしたチームの取材を通して、高校サッカー選手権が誰もが目指す大会であり、全国への思いを感じてきました。
そして、100回という節目の大会に携われる感謝の気持ちを胸に放送席に座りたいと思います。
高校サッカー選手たちのひたむきな姿、最後まで走り続けるプレーを全力で応援します!
100回大会の青森県代表決定戦となる決勝は11月7日正午キックオフ!
RABテレビ、インターネットライブ配信でお送りします。
S__183164936.jpg

前の記事へ