RAB投稿スクープ

ZIP!FRIDAY

ZIP!FRIDAY 町のいっぴん屋

創業1858年 伝統の津軽飴とりんごのお菓子

2019.3.15

青森市本町に江戸時代から津軽飴を作り続けている、老舗の菓子店があります。
上ボシ武内製飴所は、甘未の少なかった当時から津軽伝統の「津軽飴」を160年以上に渡り製造・販売、愛され続けるお店です。
00000000.jpg

現在は、九代目のご主人 武内勝さんが昔ながらの製法で、懐かしい味を守り続けています。

00000002.jpg
津軽飴の材料は、サツマイモのでんぷんと麦芽のみ。優しい甘みが特徴です。

00000003.jpg
津軽飴だけでなく、紅玉をシロップなどで煮込み一昼夜乾燥させた「ほゝ紅」や、その煮汁を煮詰めた作ったシロップ「紅玉蜜」など、地元のりんごを使ったお菓子も人気を呼んでいます。

00000004.jpg00000005.jpg
店名:上ボシ武内製飴所

住所:青森市本町5丁目1-20

電話:017-734-1834

営業:8:00-17:00

定休:土日祝日

前の記事へ

次の記事へ

月間アーカイブ