RAB投稿スクープ

GO!GO!らじ丸

らじ丸 Diary

5月19日 水丸日記

2021.5.19

5月19日

今回は更新が遅れてしまい
すみません。
選考に時間がかかっておりました。


第1回 自撮り選手権
今回のテーマは「日常」
沢山のご応募(1通)
ありがとうございました。

最優秀自撮賞&最優秀コントラスト賞の
W受賞を獲得した作品です。

IMG_9918.JPG

なにげない日常。
背景にこだわらず、絶妙な笑み。
さらには番組帰りにもらった
お煎餅も一緒にフレームイン。
(お煎餅も心なしかウキウキしているようですね)

そして
サトルさんのTシャツの赤と
ハリコさんのスプリングコートの
グリーン、そして煎餅の色彩が
評価され、今回の受賞に至りました。

一番のポイントは
「煎餅」です。
煎餅自身はくすぐられているかのように湾曲し、
(まがり煎餅だもん)
日焼けサロン帰りかよ!と突っ込みたくなるくらい
あまじょっぱいタレがしみ込んでいます。


煎餅食べたい。


さて、今日は「ライブ初めて物語」

初めて見たライブ
初めてステージに立ったライブ

やはり「初めて」見るステージって
何にも変えがたいインパクトと
感動がありますよね
しかもそれを思い返すという行為。
それを人はエモいと呼びます


サトルさんの
JIGGER'S SON初めてのライブの
エピソードも相当エモかった
そして、歌詞を大切にするようになった
きっかけも相当エモかった。
まさかサトルさんが
最初は歌詞に無頓着だったとは・・

人にはひとつずつ
ギフトが与えられていて
それを開けられるかどうかがなんちゃらって
世界の半数以下の人が言ってるけど
サトルさんはそのギフトを
開けられたんだろうな、とふと思いました。

だって、よし!書こう!で
簡単に素敵な歌詞なんて書けません
小説やコラムや、そういった文章でなく
歌詞。
朗読ではなく、メロディーに乗せて
声に出し、歌うための詩。
しびれますね。

私も学生時代、歌詞と言っていいか
分かりませんが書いていました。
でも大したことを書けなかった。
なんか恥ずかしくて
いつもどうでもいい言葉
突飛な世界を妄想して
書いたりしてて
割と苦痛な時間だったなあ、と
思い返します。


私のギフトってなんだろう
大きいものも小さいものも
あるんだろうけど・・
昔から「特技」と言えるものが
ないのが悩みでもあります。

昔は、1回しか作ったことがないのに
特技「お菓子作り」
なんて虚偽の申告をしていた
ことがありました。
ごめんなさい。



時を戻そう。

ライブ初めて物語

ハリコさんの
リアルゴールド物語も
とても胸が熱くなりました
3人の女の子が奏でる
パンク!

さらに
初めての曲が
「栄養失調の仔犬-ボブの犬―」
初めてステージ見るお客さんは
目玉飛び出る勢いですよね。
(眼科激混み)


ライブといえば
ライブTシャツ!
絶対買う派もいれば
タオル派の人もいるかもしれません。

IMG_9919.JPG最近はサトルさんの
Tシャツを着用させて頂いております!
おしゃんなTシャツで嬉C通り越して嬉Z!

私は割と買う派です。
毎回ライブに行くときは
事前にツアーグッズを調べて
品定めします。

この瞬間が結構緊張するんです。
好みの感じかそうじゃないか・・。
ツアーによってコンセプトも
違いますから
くじ引きのような気持ちで
グッズページを開くわけです。

好みの感じだったら
最高(最&高)ですよ
散財注意ですが。

好みじゃなかった場合・・
特にTシャツ。
BIMYOU(微妙)
でもKITAI(着たい)

何種類もある場合は
消去法で選びます。
(まあまあだと思っていても
ライブが終わる頃には
愛着が沸いているものです。)

でも、選択肢が少ない場合。
その時は
以前のツアー時の
Tシャツを着て
古参アピールをする
という手法を取り入れています。

結構年季の入ったグッズを
持ってきたり着ている方って
いらっしゃいますよね。
きっと私のような理由ではない
とは思いますが。

或る意味、勲章的な。
プレミア感。
一目置かれたりしてね。


こんなことを書きながら
これまで行った
ライブを思い出していると
なんだか懐かしくも
切なくなりますね

そういえば
私が初めてライブを見て泣いたのは
高校1年生。
現 リンクステーションホール青森で
行われた 浜田省吾さんのライブ。

ステージに現れた瞬間に
涙がツーっと流れました。
(あれは美しい涙でした)

ちょうど、嘘みたいな
ドラマみたいな恐ろしい
大失恋をしたあとだったからか
心が敏感になっていて
浜田省吾さんが
救世主に思えました。

そんな状況を抜きにしても
本当に存在していたんだ!という
感動と
本物の声だ・・
という、ある意味恍惚の境地に
ありました。

ちなみに、この時
初めて「出待ち」もしました。

省吾さんが出てくると
(下の名前で呼ぶの良いですね照)
夜中ですから
控えめな黄色い歓声。
出待ちファンに
「「おやすみ」」
と声を掛けてくれたんです・・!
マイクを通さない生のお声・・(尊い)
今でも脳内で自動再生されます。
(安眠)



それでは
みなさん、スクロールも
疲れたでしょうから
最高のお眠画像を2枚プレゼントです。
(GOOD SLEEPING PICTURE)


IMG_9920.JPGIMG_9921.JPGそれではみなさま
「「おやすみなさい」」

みなさんの夢に
サトルさんが出てきますように・・!

ばいびー

前の記事へ

次の記事へ

月間アーカイブ