三沢市 冬の味覚「ホッキ貝」

この記事をシェア

  • LINE
青森2019.12.02 12:25

 三沢市沖で冬の味覚ホッキ貝の水揚げが解禁され、ハマは活気づいていました。

 初日の2日は三沢市漁協と百石町漁協の合わせて20隻が日の出とともに三沢市沖でホッキ貝を水揚げしました。
 漁港では漁船が戻ってくるたびに箱詰めされたホッキ貝が次々と船から降ろされ漁協の人たちが大きさごとに選り分けていました。
 ことしは小ぶりの貝も目に付きますが、ほとんどが10センチ前後といつもの年と変わらない大きさです。
 初日はおよそ5.5トンが水揚げされ、ハマは活気づいていました。

★漁師は…
「初日はまずまずじゃないかな。みなさんにおいしいものを食べてもらえれば良いと思います」

 三沢市沖のホッキ貝漁は来年3月末まで行われます。