弘前管内 新たに2人感染

この記事をシェア

  • LINE
青森 2021.06.10 18:44

 県内では新たに弘前保健所管内で2人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
 2人ともこれまでに発表されている職場クラスターに関連しています。


 県によりますと県内で新たに感染が確認されたのは弘前保健所管内の2人です。
 この2人は弘前管内の職場で発生しているクラスターに関連しています。
 このクラスターは関連する人を含めて12人となりました。
 県内の現在の感染者はきのうから12人減って111人、回復した人などを含めた累計は2442人となりました。
 入院患者は71人でこのうち重症が2人、中等症は14人です。
 県全体の病床の使用率は27.2%に下がりましたが依然としてステージ3の基準の20%を上回っています。
 また県は国立感染症研究所による遺伝子検査の結果これまでに県内の感染者から検出された「N501Y」変異のウイルスのうち新たに12例がイギリス型だったことが判明したと発表しました。
 イギリス型は感染力が強く重症化しやすいとされており県内での判明は合わせて17例となりました。