新たに55人感染確認

この記事をシェア

  • LINE
青森 2021.09.15 18:53

県はきょう新たに55人の新型コロナウイルス感染を発表しました。1日の新規感染者数は2日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

きょう新たに感染が発表された55人の保健所管内別の居住地は、八戸市が22人、青森市が16人などとなっています。県によりますと55人のうち20人はこれまでに発表されたクラスターやその関連です。また、ほかの20人もこれまでに発表された感染者との接触があった人たちです。一方で残りの15人の感染経路はいまのところわかっていません。きょうの新規感染者数は先週水曜日の72人を17人下回りました。前の週の同じ曜日を下回ったのは2日連続です。きょう現在の県内の感染者は、きのうから37人減って448人となっています。入院中の患者は101人で、このうち重症の患者は9人、中等症は15人となっています。県全体の確保病床は4床増えて328床となり、感染状況を判断する指標の1つ、確保病床に対する使用率は30.8%まで下がりました。ただ、依然としてステージ3の水準を上回っています。また、もう1つの指標、人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数はRABの試算で26.9人と減少傾向にありますが依然として感染爆発の段階を示すステージ4の水準を上回っています。県の緊急対策では、この人数が15人を下回ることが目標とされています。