ホッとするね! RAB青森放送

らぶりん投稿ボックス

7月14日 350年続く技!若手鍛冶職人の包丁

2017.7.14 - [ 町のいっぴん屋 ]

弘前市で江戸時代から続く鍛冶屋さん、二唐刃物鍛造所。
その歴史は古く津軽藩から作刀を命ぜられて以来、350年の伝統を受け継ぐ刀鍛冶の名門です。

7年前から工場に立つのは8代目吉澤剛さん(30)
名刀5代目二唐國俊の曾孫にあたります。
7代目の父も手伝いながら、ほぼ1人で作業しています。

刀作りの技術を活かした包丁を作っています。
暗紋という独特の模様で見た目も美しく、手作りならではの切れ味が特徴。
「鍛造」という作業で鉄を叩いて強くし、硬さや強さを与えます。
刀作りの頃から続く伝統の技。

その人気は海外からも多く発注がくるほど。

8代目の若い発想も取り入れながら、伝統は大事に守られています。

店名 : 二唐刃物鍛造所
住所 : 弘前市金属町4-1
電話 : 0172-88-2881
営業 : 午前8時~午後5時
定休 : 日・祝(土は不定休)
商品 : 包丁 15000円~
※商品は在庫状況をお問合せ下さい。
二唐刃物鍛造所HPでも購入可。
刃物メンテナンスも行っています。

[番組一覧]

ページトップへ