ホッとするね! RAB青森放送

らぶりん投稿ボックス

ニュース

テレビ

月〜金:夕方6時15分〜

ラジオ

月〜金:夕方6時〜

  • 飲酒暴走運転 男を逮捕

    2018.10.22 18:32

    先月、つがる市の国道で車4台が絡み4人が死亡し、4人が大けがをした事故から1か月。大きな動き。警察は1台を運転していた32歳の男を危険運転致死傷の疑いで逮捕した。
    逮捕されたのはつがる市森田町の団体職員、高杉祐弥容疑者32歳。
    高杉容疑者は22日午前10時半前、警察の車両に乗せられ五所川原警察署に入った。
    高杉容疑者は先月22日未明、つがる市森田町の国道101号で酒酔い運転し4人が死亡、4人が大けがをする多重事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷の疑いが持たれている。
    高杉容疑者も大けがをして入院し、警察は退院を待って逮捕した。
    取り調べに対し、車を運転していたことは認めているが、容疑は認めていないという。
    警察によると現場は片側1車線の直線道路で、高杉容疑者の車が前を走っていた軽乗用車に衝突。軽乗用車はその弾みで対向車線を走っていた2台のうち後ろの軽乗用車に衝突した。また高杉容疑者の車は追突の弾みで対向車線を走っていた別の軽乗用車に衝突したと見られている。
    警察によると、高杉容疑者たち3人は前の日から一緒に酒を飲んでいたという。
    このため警察は一緒に乗っていたつがる市森田町の無職、野呂祐太朗容疑者33歳を酒酔い運転を知りながら同乗した疑いで逮捕した。容疑を認めているという。
    もう1人の30歳代の男性はいまも入院しており、警察は回復を待って事情を聞く方針。
    高杉容疑者はつがる市にある西津軽土地改良区の職員で、関係者は取材に対し「職場の飲み会では同僚のために運転代行を手配していた。どうしてこうなったのか」と驚いていた。
    また、近所の人もショックを受けていた。
    亡くなった廣船さん夫婦の遺族は22日警察を通じてコメントを発表し「今でも心の整理がつかず、2人の顔が思い浮かぶ。毎日涙が出ます。このような飲酒運転による悲惨な事故がなくなることを祈っています」と胸の内を明かしている。
    高杉容疑者は日頃から飲酒運転をしていたという情報もあり、警察は高杉容疑者の当時の飲酒の状況や事故の経緯を詳しく調べる方針。

  • 米軍関係者 酒気帯び事故か

    2018.10.22 18:31

    飲酒運転とみられる事故。20日深夜、三沢市の市道でアメリカ軍の関係者と見られる男性が運転した乗用車が電柱にぶつかる事故があり、警察が原因などを調べている。
    事故があったのは三沢市美野原1丁目の市道。
    20日午後11時頃、外国人の男性が運転していた車両が歩道に乗り上げ、電柱に衝突した。
    けが人はいなかった。
    近所の住民によると事故発生当時、運転していた男性と助手席に乗っていた男性からは酒の臭いがしていたという。
    2人の男性は事故のあと、アメリカ軍の車で三沢基地に向かったということで、アメリカ軍の関係者とみられている。
    事故についてアメリカ軍三沢基地は「詳しい情報を集めている段階で、現時点でコメントできない」と話している。

  • 愛ちゃん「お疲れさま」

    2018.10.22 18:30

    卓球の愛ちゃんで親しまれた福原愛選手が引退を表明した。県民や関係者からはねぎらいや、引退を惜しむ声が上がった。
    福原愛選手は21日夜、公式ブログで「選手としての立場をここで一区切りつけることを決意しました」と競技からの引退を表明した。
    県民からはねぎらいや、引退を惜しむ声が上がっていた。
    3歳から卓球を始めた福原選手は「卓球の愛ちゃん」として親しまれた。
    県内には2001年の春、青森山田中学に編入してきた。
    高校を卒業するまでの6年間、卓球の練習に打ち込みながら青森で過ごした。
    「RABニュースレーダー」にも2度出演し、笑顔も見せてくれた。
    ロンドンオリンピックでは卓球女子団体で銀メダルに輝き、日本卓球史上、男女を通じてオリンピックで初めてのメダルを獲得した。
    続くリオデジャネイロでも同じ種目で銅メダルを獲得した。
    2大会連続のメダルに輝き、青森市にある母校にも凱旋した。
    おととし台湾の卓球選手と結婚し、去年女の子を出産してからは競技を休んでいた。
    福原選手は「これからは選手と別の立場で支えてくれた皆様に卓球を通して恩返しをしていきたい」と綴り、全国のファンに感謝の気持ちを伝えていた。

  • 人馬一体 華麗な技

    2018.10.22 11:49

    世界流鏑馬選手権が十和田市で開かれ、参加した人たちが人馬一体となった華麗な技を披露した。
    世界流鏑馬選手権は21日までの2日間、十和田市の中央公園緑地で開かれ、5つの部門に国内外から男女51人が出場した。
    スピードと高度な技術が必要とされるプロ級では馬と呼吸を合わせた選手たちがさっそうと駆け抜けて的を射抜き、会場の熱気は最高潮に達した。
    会場には大勢の観客が詰めかけ、人馬一体となった迫力ある技に大きな拍手を送っていた。

[番組一覧]

ページトップへ