ホッとするね! RAB青森放送

らぶりん投稿ボックス

ニュース

テレビ

月〜金:夕方6時15分〜

ラジオ

月〜金:夕方6時〜

  • 地域に警戒続く

    2018.11.16 11:48

    平川市で民家に忍び込んだ男が包丁を盗んで逃げている可能性がある事件で、現場近くの小学校では保護者が付き添って登校するなど警戒が続いている。
    犯行現場が近い平川市の松崎小学校では、児童が午前7時過ぎから保護者に付き添われて登校していた。
    校門の前には警察官も立ち、警戒を強めている。
    この事件は15日昼過ぎ、平川市苗生松で民家に忍び込んだ男が自転車で逃げているもの。
    男は年齢が30歳から40歳くらい、身長は170センチくらいで、民家から包丁1本を盗んで逃げている可能性があり住民に不安が広がっている。
    警察が現場付近をパトロールするなどして逃げた男を捜している。

  • 原子力規制委 海岸など調査

    2018.11.16 11:48

    原子力規制委員会が初めて行っている大間原発の現地調査は2日目の16日、敷地の外で海岸の地形などを調べている。
    2日目の現地調査は午前9時ごろから行われ、大間原発の敷地の外で海岸の地形などを観察している。
    このうち風間浦村蛇浦では原子力規制委員会の石渡明委員たち21人が海岸の平坦な地形を見て回り、近くに断層がないかなどを調べた。
    今回の調査は敷地内の断層や海岸の地形などから過去の津波についてのデータを取って今後の適合審査の判断材料にするもので、16日夕方まで行われる。

  • 夜間の事故防止を呼びかけ

    2018.11.16 11:47

    日没が早くなり、薄暮から夜間の時間帯に増える交通事故の防止を呼びかける街頭活動が15日、五所川原市で行われた。
    五所川原市中央4丁目の交差点で行われた街頭活動では、警察や交通安全母の会などから15人が出て反射材などを配った。
    街頭活動は高齢者の交通事故防止を呼びかける「いきいきシルバー交通安全強調月間」に合わせて行われた。
    県内ではことしに入り交通事故で犠牲になった39人のうち26人が夜間の事故で犠牲になっている。
    このため反射材の配布や街頭活動などを強化し、夜間の事故防止を呼びかけている。

[番組一覧]

ページトップへ