ホッとするね! RAB青森放送

らぶりん投稿ボックス

♪あんたが大将~(大賞)♪

[ 秋山 博子 ]

2018年3月15日(木)は、
私と筋野アナの2人にとって最高の記念日となりました。

日本テレビ系列400余名のアナウンサーの中から
テレビ部門・ラジオ部門の大賞、及び、最優秀新人賞を
毎年決めるNNSアナウンス大賞のラジオ部門・大賞の
栄冠を筋野アナが手にしたのです!!
アナウンス責任者としてエントリー作品の制作・編集に
立ち会った私もドキドキしながら会場で発表を待ちました。
授賞の瞬間を撮影するためカメラを構えていましたが…
名前を呼ばれて彼女が登壇した時からすでに私は涙目状態…
ドラムロールが鳴って照明が暗転したのち、
『ラジオ部門・大賞は…青森放送・筋野裕子さんです!』という
司会者の声が耳に入るなり、もう号泣…カメラはブレブレで
あとで彼女と2人でその映像を見ながら泣き笑いして喜び合いました。
授賞式を終えて日テレホールのステージで記念写真を撮ったのですが…

またまたゴメン…筋野…
やっぱり私はカメラセンス、ゼロです(泣)
お花の横で撮ったら素敵♪…と思ったけれど、
あとから見たら…端っこすぎたね(泣)すまん…(涙)
でも…筋野は豪華なお花よりも笑顔が輝いていて素敵だよ♪

日本テレビ系列で仕事をしているアナウンサーにとって
『アナウンス大賞』は目標のひとつであり憧れの賞です。
私も8年前に授賞しましたが…自分の時よりも号泣し、
何より後輩が成長し飛躍する瞬間を見届ける幸せを実感しました。

『アナウンサーの基礎を活かしての力量が「声の七変化」や「語り」となって
リスナーの心を魅了している。ラジオという「音」のメディアの中で、
存分に自分の世界観を創りだしていることが評価された』
これが筋野アナの授賞理由です。
エントリー作品は
「らじ丸」「リッスン」「歌なし」「月曜夜話」から
実際に放送された部分を抜粋して8分程にまとめました。
つまり、いつも皆様にお聴きいただいている、
普段の筋野アナのアナウンス力が一流だと認められたのです。
アナウンス責任者として立ち会うことができて本当に幸せな瞬間でした。
『ありがとね、筋野♪』
後輩全員をあの授賞式のステージに立たせることが私の夢&目標でしたが…
筋野アナが最初に叶えてくれました。本当にありがとう。
他のアナウンサーのみんなも大賞目指して頑張るんだよ!(応援してる♪)

昨日、年度末に毎年行われる社内表彰でも称えられた筋野アナをパチリ♪
私のカメラセンスはすぐには向上しないので…
筋野アナに春らしく加工してもらいました↓

やっぱり…筋野は大将(大賞)だね~♪♪♪

[番組一覧]

ページトップへ